« 2007年4月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年7月

2007/07/23

D.D.D.@Super Deluxe

Ddd

本日、西麻布のSuper Deluxeでパフォーマー/ダンサーの
川口隆夫(ダムタイプ)×ホーメイ歌手/アーティストの
山川冬樹のパフォーマンスアート・ショー、
「D.D.D.ー私の心臓はあと何回鼓動して止まるのかー」を観て、
みんなとご飯を食べて、西麻布→新宿を自転車で激走して
帰ってきました。ちなみに、新宿→西麻布のラップは30分。
霞町の交差点から元テレ朝通りまでの坂道が難関でした!

さて。「D.D.D.」は2004年の同場所での初演後、
2005年クロアチア〜2006年東京〜2006年ヴェネツィア
ビエンナーレと再演を重ねてきて、今年6月に韓国、
来週末のシンガポールでファイナルをむかえるタイトル。

Super Deluxeの地下を降りていく倉庫なアンダーグラウンドな
シチュエーションと彼らの“なに”とくくれない
パフォーマンスがとてもよかった。
川口さんのパフォーマンスは初めて観たのだけれどー

ーある瞬間。真っ暗な空間でストロボをたいたように
ライトがチカチカと細かく着く時、バックライトを当てたように
川口さんの身体のフレームをライトがとらえてー
まるで、*ブルース・ウェバーの静止画がストップモーションの
ように連なって見える瞬間があって、カッコよかった。

この一連の動きが山川冬樹さんのホーメイと心臓の鼓動にのって
おこなわれるのです。
ちなみに東京のファイナルは、7月23日(月)20時@Super Deluxe
です。ご近所のかたはぜひ、行かれてください!

*ブルース・ウェバーの静止画=ウェバーは犬やら家具らや
いろんなモノを撮っていますが、この場合ストレートに
「男のひとの肉体」です!

いやー、ほんと目の前でウェバーの写真が動いてるぅ〜的な
繰り広げられ、感動しました。

でも、この感受性はわたし独特らしく、打ち上げのときに
川口さんに話したら「スゴい!いいコトバ」とものすごく
喜んでいらっしゃいました。

音響もよかったです。山川さんの心臓の鼓動が唸るウーハー
のようにベンチからわたしの身体に伝わっていく感覚ー
とっても不思議。山川さんも川口さんも、そしてわたしも
「生きている」「人間なんだ」と深く思いました。

今回会場は大入満員で立ち見もでてました。
茜さんいわく、「客層が不思議」と。そして不思議な盛り上がり
でした。まっ、川口さんマスク姿だし。
初演時は川口さん狙いのゲイのお客さんが多かったそうですが
今回は山川さん関係の芸大のコやSuper Deluxeらしく
外国人などなど。

わたしも普段と違う脳みその部分を刺激された感じで
帰り道、超有酸素運動のなか、頭がまっ白になりながら
バイカーズハイを満喫して外苑西通りを走り抜けました。

あーたのしかったハート達(複数ハート)


まったく校正してない文章ですが、いろんな意味で
ハイテンションな書きなぐりをご堪能ください。
(そしてmixiとココログのマルチポストでごめんなさい。
mixiはマイミクにしか読めないしさっ、ホントは
アート系な日記はVOXにするつもりだったんだけど美邦さんや
充志くんにリンク貼ってもらってるのこのアドレスだし、ってことで。)

当日券等、くわしくはprecogへ
http://precog-jp.net/2007/06/_ddd_1.html

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年11月 »